風吹くままコラム風

風吹くまま(ゴルフ、ラーメン…)管理人がお届けする時事と風吹くままテーマに関するコラム(日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃墟に乞う 佐々木譲

第142回直木賞受賞作「廃墟に乞う」。
すでに31年のキャリアでの受賞に、本人佐々木譲も困惑か。
最近、出身地の道警シリーズ察小説を書いてきた佐々木譲。

ローカル地域と組織を、休職中の刑事を主人公が、少しの手掛かりで問題解決の糸を手繰り寄せてエンディング。
その連作六編。
一作一作が尻切れトンボの感じもするが、それが六作続くと読み手自体が、一作一作のその後を思い巡らす。
最終作「復帰する朝」でようやく主人公の休職の理由が語られる。
その主人公の心の再生が低重曹に響く。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://downwindow.blog6.fc2.com/tb.php/527-f90c9c60
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。