風吹くままコラム風

風吹くまま(ゴルフ、ラーメン…)管理人がお届けする時事と風吹くままテーマに関するコラム(日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフが好き 岡本綾子の生き方

ゴルフが好き 岡本綾子の生き方
海老沢泰久著
1999年3月発行
毎日新聞社

物語りは1998年の開幕戦ダイキオーキット、岡本綾子が初日、2日目とトップに立ちながら最終日崩れた、現在の47歳の岡本綾子をプロローグする。

生い立ちとソフトボール(大和紡績)第一線の活躍からゴルファーになるまで(プロテストは2回目で合格)で、ソフトボールは左投げ、右打ち、ゴルフは右打ち。当然、左利きだと思っていたが(自分もそう)、どうやらももともとは右利きだったことが、この本で判明する。

アメリカツアー(LPGA)の1978年予選会の失敗(吉川なよ子、大迫なつ子は合格)、1981年の予選会でトップ合格は初めてのアンダーの3アンアダー森口祐子、岡本は11オーバー4位で合格。

岡本はこれまで、1975年14位、76年8位、77年3位、78年5位、79年3位、80年3位と、樋口、大迫の壁は破れていなかった。
だが1981年LPGAツアーを前半7試合とツアー最後の日本との共催マツダ・ジャパン・クラシック(現在のミズノクラシック)でLPGAツアーの賞金シードと日本ツアーの年間8勝で賞金女王を達成。
1982年、参戦2年目でLPGAで初勝利で日本ツアーで3勝。
1983年から本格的にLPGAフル参戦。
1984年、LPGA賞金ランク2位。
1985年、腰痛、パパイア・インジェクションの治療。
1987年、LPGA賞金女王、非アメリカ人で初。
1990年、小林浩美参戦。
1992年、マクドナルド選手権でLPGAツアー通算17勝目。
1993年、日本女子オープン42歳で初優勝。
1994年、実質LPGA撤退。
1997年、日本女子オープン47歳のメジャー最年長優勝(日本ツアー43勝目)。
ここで、冒頭の1998年に戻り、この本は終わるが、

1999年カトキチクイーンズゴルフトーナメントで44勝目。
永久シードを持つ岡本綾子は2005年のリゾートトラストレディスの予選通過した試合以降、ツアーには出ていない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://downwindow.blog6.fc2.com/tb.php/485-054acdca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。