風吹くままコラム風

風吹くまま(ゴルフ、ラーメン…)管理人がお届けする時事と風吹くままテーマに関するコラム(日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女流 林芙美子と有吉佐和子

女流 林芙美子と有吉佐和子
関川夏央著
2006年9月
集英社

「女流」という歴史的用語が生きていた時代にふさわしい二人。
「林芙美子」と「有吉佐和子」の評伝。


林芙美子の「放浪記」の自伝的小説より、実像の林芙美子の愛を遍歴し、書いた。
有吉佐和子の早熟の才能は「紀の川」「恍惚の人」「複合汚染」を生み出し、突然の死。

1951年6月28日(満47歳没)
1984年8月30日(満53歳没)

ふたりに共通するのは、海外に出て、そのバイタリティまるごとにして進む、生きた、書いた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://downwindow.blog6.fc2.com/tb.php/482-de31cb92
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。