風吹くままコラム風

風吹くまま(ゴルフ、ラーメン…)管理人がお届けする時事と風吹くままテーマに関するコラム(日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文芸誤報 斎藤美奈子

文芸誤報
斎藤美奈子著
2008年11月発行
朝日新聞出版

俗な興味と二人連れの文芸書レビュー。
2005年1月から2008年5月までの「週刊朝日」連載コラム、
同時期の朝日新聞上の書評を加えてまとめた本。

連載時のタイトルは「文芸予報」。
その時代を反映すると思われる文芸書を手当り次第にレポートする。
なので、気まぐれに芥川賞、直木賞の予想したり、受賞した本も後から書評する。
そうして、ジャーナリスティック(俗)な物となる。

著者は予報(予想)が必ず外れるから「文芸誤報」にしたと言っているが、
そんなことなく、例えば、
「イトウの恋」「ツアー1988」中島京子は新進気鋭注目の作家と評し、その後直木賞を受賞し、
「うつらうつら」赤染晶子もきっと次に来る昭和レトロ文学だと評しと、その後芥川賞を受賞。
と時代(文芸)の先の予想はかなりのモノ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://downwindow.blog6.fc2.com/tb.php/480-c554fcf0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。