風吹くままコラム風

風吹くまま(ゴルフ、ラーメン…)管理人がお届けする時事と風吹くままテーマに関するコラム(日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年譜 伊集院静

少年譜
伊集院静著
2009年2月発行

現在買ってある本。
週刊文春の「二日酔い主義」のエッセイ群、遠い昨日、水のうつわ
短篇「三年坂」、「乳房」、「むかい風」、「眠る鯉」、「冬のはなびら」
長篇「羊の目」

そして、文庫になるのを待てずに短篇「少年譜」借りる。

1.「少年譜 笛の音」
2.「古備前」
3.「トンネル」
4.「腕くらべ」
5.「朝顔」
6.「茶の花」
7.「親方と神様」

少年時代の困難が、歳月を超えリフレインされる、歳月を飛び越え現在に定着し、未来への希望をも垣間見る。
それが人生。

3.は自信の弟の死(海難事故)をモチーフにしてる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://downwindow.blog6.fc2.com/tb.php/476-58da60c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。