風吹くままコラム風

風吹くまま(ゴルフ、ラーメン…)管理人がお届けする時事と風吹くままテーマに関するコラム(日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1960 沢木耕太郎

これから、図書館で借りた本のメモ、レビューをするようにする。

沢木耕太郎ノンフィクションⅦ
1960
2004年6月30日 第一刷

「危機の宰相」
「テロルの決算」
「未完の六月」


既に「テロルの決算」は文庫本で読了済。
「危機の宰相」は氏の集成で未刊行長篇作品で目玉でもあった。
が2000円近く購入には二の足を踏んできたが、2年後の2006年4月に単行本として「危機の宰相」は発売し、即購入し読了済。

「1960」三部作の最後の作品「未完の六月」の構想に触れ、それを書かずに3部作にするというレトリック。

1960内の「危機の宰相」は雑誌掲載時のサブタイトルに「池田政治と福田政治」とあり、
2006年発行の単行本「危機の宰相」とは構成を少し変え、福田のシーンを首尾よく削った読後感。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://downwindow.blog6.fc2.com/tb.php/472-b7b935fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。