風吹くままコラム風

風吹くまま(ゴルフ、ラーメン…)管理人がお届けする時事と風吹くままテーマに関するコラム(日記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町中華最強、昭和軒ラーメンチャーハン餃子セット950円

ramen_showa_01.jpg

スポンサーサイト

STAP細胞製作200回以上の胡散臭さ

「STAP細胞はありまーす」
「STAP細胞は200回以上製作に成功していま-す」
「実験ノートも3年2冊ではありません4、5冊ありま-す」
「画像は1000、数百個ありま-す」

あなたは、200回って何年前から成功しているの、
誰も信じてくれないからそのデータを取り、残しているんでしょ。
それ(200回成功の根拠となるもの)がトレース(検証)できる情報がその5冊に入っているの。
そんなことより、200回成功って失敗したこと何回あるの。

その(STAP細胞作製)コツやレシピは今後研究発表って教えられませーんって、あなの立場が分かっているの。

(2014.4.9 13:00より涙付き情緒的会見:数字の使い方が墓穴を掘った例)


STAP会見@理研の胡散臭さ

STAPとは、刺激惹起性多能性獲得細胞(Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency cells)現象であり、その現象により得られた細胞がSTAP細胞である。さらに、その細胞が増殖性をもたせたものをSTAP幹細胞である。
ここまできて万能細胞云々と言える。

理研の会見のタイトルはすべて「STAP現象に関する…」であり、
「結局、STAP細胞は存在するのですか。」という質問には、「STAPですか、」と言い直して答えている。

これは、既に、STAPは単なる現象。現時点でSTAP細胞の存在していないことを示していることは明確。
このことに報道は早く気付くべきだった。

STAP細胞報道の胡散臭さ

あの、うら若き女性研究者の割烹着を着る姿の報道に、
直感的に胡散臭さを感じていた方は多かっただろう。

世紀の発見云々…
それは幻。

佐村河内守や、旧石器捏造事件にならんこ事を。

ソチオリンピックメダル予想的中!

ソチオリンピック日本のメダル数の予想8個は、見事に的中した。
内訳結果:金1銀4銅3。
内訳予想は金1銀2銅5。

色までの的中競技は、ジャンプ団体の銅のみ。


一番見たのはカーリング。日本戦全試合をライブ放送。
まさかのインフルエンザでセカンド小野寺佳歩を3試合欠場をリザーブのセカンド試合経験のない吉田知那美が出場。
初戦の格下韓国戦に7-12大敗したが、2戦目でセカンドテイクアウトのセオリーを無視した戦略で見事に吉田がマッチしデンマーク戦を8-3で快勝。勢いにのり、3戦目の地元のロシアにも8-4で完勝で2勝1敗。
4戦目のアメリカ戦、まだ勝利のないアメリカに対しインフルから復帰セカンド小野寺、リード苫米地から吉田にスイッチして望むも、まさかの6-8で2敗目。
5戦目格上英国戦、前日敗戦と同じ布陣で迎えるもまさかの3-12、7エンドで終了のいまだかつてない大敗。
6戦目全勝、オリンピックで全メダル獲得、カーリング大国カナダと対戦、これで小野寺を外す決断し、ここで大善戦の6-8で惜敗。(苫米地のリードが試合の流れを作った)
2勝4敗予選通過が遠のくもここから大逆襲が始まる。
7戦目、格上スイスを終始圧倒し延長戦の末9-7で3勝目。(スキップ小笠原のミスをサード船山がカバー)
続く8戦目の中国戦、5連敗中で全く歯が立たない相手のちょっとしたスキから8-5と大きな勝利。(サード船山ショット率が落ちる中スキップ小笠原カバー)
これで4勝4敗。最終戦スウェーデンに勝てばタイブレーク進出。
しかし、オリンピック2連覇中、本大会もカナダに次ぐ2位通過を確定している世界ランク1位のスウェーデン。
善戦虚しく、4-8で敗れそのまま予選敗退も、オリンピック史上最上位の5位の成績を残した。

思い返せば、米国戦の敗退が痛かった、米国は結局日本以外すべて敗れている相手、それと世界ランク格下の初戦韓国戦。インフルの外的要因あったが、とにかく日本は初戦に弱い、長野以来すべて黒星スタートなのだ。
カナダ、スウェーデン、英国の3チームには歯が立たなかったが、その次のグループ、スイス、中国、デンマークには対等以上に戦えることを証明した今大会。

リード:苫米地
セカンド:吉田(小野寺)
サード:船山
スキップ:小笠原

次に繋がる大きな足跡となるだろう。

スーパーボウル覇者にシーフォークス

あの弱小シアトル・シーフォークスが頂点に立った。

レギュラーシーズン13勝3敗のAFC第一シードのシーフォークス。
特徴は強力なディフェンス陣ランニングTDは5個のみ。コンパクトモバイルQB、2年目ラッセル・ウィルソンとWBマショーン・リンチのラン。

対する、
ベテランQBペイトン・マニングの55TDパス記録のハイパーオフェンスのデンバー・ブロンコズ。

対照的な両チームのマッチアップと思いきや。

開始17秒スパーボウル最速記録のスナップミスでセーフティでシーフォークが先制すると、ニューヨーク地区初開催の低気温とクラウドノイズ、ディフェンス、オフェンス、スペシャルチーム(パンター、キッカー、リターン)、プレーコール戦略、全てに圧倒した。
中でもラッセル・ウィルソンの落ち着き払ったプレー、浮かせたパス、スクランブル、フりーフリッカー、リバース、プレーアクション。
48対8。数字通りの圧勝。

動けない大男のポケットパッサーのトム・ブレイディ、ペイトン(イーライ)・マニング、ロスリスバーガーの時代は終わった。

すでに、ジョー・モンタナを要しウェストコートオフェンスを確立した49ersは、去年からモバイルQBの代名詞キャパニックで去年スパーボウル出場、同地区のAFCチャンピオンシップでシーフォークスに敗退。

R・ウィルソンのスター性。
それは、ボー・ジャクソン以来、フットボールとベースボールの同時プロ選手。

ソチオリンピックメダル予想

ソチオリンピック開幕日2日前の今日、予選が始まる。
なので、取り急ぎ、日本人メダル予想をしておく。
金1、銀2、銅5、合計8個。

金1個は、スキージャンプ女子高梨沙羅。
銀1個、銅1個、フィギュア勢女子、男子、団体。

銀1、銅2のメダルは
団体競技枠、
スキージャンプ男子団体
スケートパシュート女子
ショートトラック女子団体
ノルディック複合団体
カーリング女子
アイスホッケー
から3個。

残り1個はノーマーク枠でクロスカントリー、フリースタイル、スノーボード等。

流星ひとつ

緊急刊行。流星のように消え去った藤圭子の真実を描く。奇跡のノンフィクション。

1979年秋。ホテルニューオータニ40階バー・バルコニー。
『インタビュー』

そのとき私は31歳だった。
当時の私は、ノンフィクションの「方法」について考えつづけていた。

「」の会話のみで書かれたこの方法、インタビューで発光体(人物)を描き切る。
その方法にこそ、大きな野心だったと振り返る。

あれから34年後。
2013年秋。『流星ひとつ』が日の目を見た瞬間だ。

制服捜査 佐々木譲

北海道道警シリーズを生んだ「制服捜査」。
十勝地方の小さな農村志茂別町の駐在所勤務に異例の単身赴任で異動になった川久保。
事件という事件が発生しそうにないローカルは舞台での5連作。
「逸脱」、
「遺恨」、
「割れガラス」、
「感知器」、
「仮装祭り」。

なぜ消費税増税は先送りできないのか。

民主党政権(3党合意)で決めた法律通り2014年4月から消費税3%アップする。
なぜ、他の政治家自身に関することは、すべて先送りしているのに、
・2年限定の歳費2割カット。
・国会議員定数削減。
・憲法違反1票の格差是正。
・議員年金停止、年金一元化。

有識者60人聴衆、アベノミクスの経済指標の誤差レベルの上向き、加えて7年後オリンピック東京開催決定。
そして、一律消費税増税5%から3%アップするかわりに、2兆円のばら撒きで財源実質1%増、低所得者に1万5千円還付という単純な計算、考えしか思いつかない政府(官僚)。

お・も・て・な・し

全ての国民に平等に、消費税、い・ち・り・つ 3%上げる。
こんな血も涙もない、<おもてなし>の精神などない。

消費税品目毎に1%から8%にする。
こういったキメの細かい対応が必要。

できないなら、得意の<先送り>これしかないはず。

眺めのいい人

いま、あるいは震災以降といったほうがいいが、伊集院静の本の出版がつづく。
”大人として生きるための―――、”

そして、この「眺めのいい人」文春文庫。

オビには、
「ファン必読!一度きり人生だ。どうせなら「眺めのいいひと」になろう!
「大人の流儀」のさきがけとなった、無頼派作家の交遊録。

綺羅星のごとき(=眺めのいい)人たちの人物スケッチ。
いや人生を航海にたとえると、難破しそうなオンボロ舟で途方に暮れているとき、
航海の水先案内としての個の矜持を、その綺羅星を見上げて気づき、そして再び漕ぎ出せる。



「週刊アサヒ芸能」1999.8~2000.8
「眺めのいい人」2007.12 ゴマブックス

街角光景

to_shinzyuku_01.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。